• ホーム
  • 体脂肪率を下げたいならゼニカルを使おう

体脂肪率を下げたいならゼニカルを使おう

2019年11月26日
お腹が大きい女性

肥満大国とも言われるアメリカでは、正式に肥満治療薬として認められているゼニカルは、一般的にも減量のために使われています。小柄な日本人とは違い、食生活の違いも手伝って驚くほど太っている人の多い国です。厚生労働省からの許可は日本ではまだ取れていないので、国内での一般販売はありません。

世界的に有名な治療薬でもあることから、一部の医療機関では健康のためや美容目的で処方されることがあります。絶対に日本人には手に入れることが出来ない医薬品ではないことから、体脂肪率を下げたいならゼニカルを使うのが効率的です。

体内に蓄積された脂肪の体細胞は、脂肪細胞にたっぷりと蓄えられるのが特徴であり、ホルモン物質を作るためにも必要なので、適量は悪者ではありません。毎月の生理によってひと月のサイクルの決まる女性などは、月経が順調に繰り返されるためにも、妊娠や出産にも欠かせないものです。内臓を外部のあらゆる衝撃から保護したり、体温をエネルギー源貯蔵により保つなど働きは多岐にわたります。

ある程度は必要ではあるものの、過剰に蓄積をされると見た目の問題だけではなく、健康を損ねる大きな引き金です。りんご型肥満は男性に多くみられる太り方であり、内臓脂肪がたっぷりと付いているため、生活習慣病の高血圧や高血糖に脂質異常の発症をするリスクが高くなります。

洋ナシ型肥満は女性に多いパターンであり、皮下脂肪型肥満は動脈硬化の進行のリスクは低いものの、月経異常や関節痛に睡眠時無呼吸症候群を起こしやすいため油断はできません。太り過ぎを解消するために医薬品を使うのを躊躇することもありますが、アメリカ食品医薬品局より正式な許可を得ているのがゼニカルです。

過剰に体内に脂肪組織が増えてしまう状態の体脂肪ですが、運動習慣が無かったり乱れた食生活であったり、過度なストレスを抱える人も増えやすい傾向にあります。喫煙習慣や飲酒が好きで日々飲みすぎている人も、皮下脂肪と内臓脂肪が蓄積をしやすいです。

健康も意識してダイエットに取り組むならゼニカルであり、一定期間使い続けてゆっくり体重と体脂肪を落としていきます。1度だけ錠剤を飲んだからといって、持続効果が半永久的に続く魔法のお薬ではありません。

水と共に服用をしてからの持続効果は、およそ1時間から2時間ほどが目安です。食べた食事からお腹に入った脂肪分が排便と共に出ていくのは、1日以上が過ぎた後になります。その後一定期間は便に油分が含まれますが、一時的なことであり、お薬の作用が無くなれば通常の便の状態に戻るので安心です。

服用は毎回1錠という基本のルールを守りながら、我慢することなく痩せていくので、アメリカではダイエットを成功させるお薬として人気があります。彼らほどではないとしても、日本人にとって太り過ぎは問題であり、体脂肪を増量させる食生活は変えていくことです。しかし好物の脂っぽいメニューを100%我慢しなくても、ゼニカルを使えば無理なくダイエットも成功します。