• ホーム
  • ダイエットサプリでも痩せられるの?

ダイエットサプリでも痩せられるの?

2020年01月17日
ケーキを食べている女性

ダイエットサプリメントは減量時のサポートとなり、継続服用をするので安全性の高さやコスト面を考慮しながら選ぶことです。比較的落としやすいのは内脂肪であり、男性の太り方に多く見られて、お腹周りに特に脂肪が付きます。

食事からの過剰なカロリー摂取を積み重ねていることと、運動不足でカロリー消費できていないのが問題です。適度な運動を心掛けるのと共に内脂肪を減らすには、ダイエットサプリメントを取り入れます。生活習慣を見直して食事と運動とサプリで減量に励みますが、継続中の暴飲暴食は厳禁です。

太ももやヒップなどの肉付きが良くなるのは皮下脂肪であり、女性の方に多く見られます。カロリーオーバーな日頃の食生活と、消費しきれない運動不足が大きな要因です。

有酸素運動を取り入れることが皮下脂肪撃退のポイントであり、同時に筋トレも行うので適度な運動を行います。摂取カロリーを抑える必要があるので、食事制限も同時に行い暴飲暴食などはしないことです。ダイエット効果を高めるために、ダイエットサプリメントも併用して使います。

選びたいのは天然成分であり、ケミカルなタイプは健康面も心配です。継続服用するものだからこそ、配合成分の安全性を重視して選ぶようにします。植物由来の食物繊維や、天然成分サラシアなど、健康を害す心配の低い種類を選ぶことです。

医薬品とは異なりサプリメントは健康食品なので、長期的に使い補助として役立てます。選ぶ商品は続けられる価格であることも重要であり、コストも良くお財布と相談して決めることです。あまりにも安価なサプリメントは、有効成分以外の不要な成分が多い可能性がありますし、安全面での不安が募ります。価格と共に何が使われているのか、成分も見ながら自分に合ったサプリメントを選ぶことです。

数々のダイエットサプリが市販されていますが、大きく分けると3タイプの種類があります。食べた食事のカロリーをカットしてくれるものと便通を解消するタイプ、それに脂肪燃焼サポート系です。

食べることが大好きで無理のある食事制限が無理なら、カロリーカット系のサプリメントを選びます。甘くて柔らかい白米が大好き、菓子パンはやめられない、焼肉や揚げ物などを控えるなんて無理という人にもピッタリです。

商品の得意とする分野にもよりますが、脂肪吸収や炭水化物吸収を抑える成分により、カロリーをセーブするダイエットができます。ギムネマシルベスタに白インゲン豆など糖質をカットしたり、キトサンやプーアル茶は脂肪をカットするのが得意です。難消化性デキストリンやα-シクロデキストリンを含むタイプは、糖質や脂肪をカットしてくれます。

便秘はダイエットの天敵であり、便秘改善サポート系を選べばお通じは改善されて、お腹もスッキリして体重も減少です。センナ茎や難消化性デキストリンにオリゴ糖、乳酸菌なども便秘解消に一役買います。

運動で痩せるサポートになるのは脂肪燃焼サポート系であり、体脂肪を燃やすためにも一役買うため、運動と併用して飲むタイプです。BCAAやα-リポ酸にコレウスフォルスコリ、ガルシニアやラクトフェリンなどを含んでいます。